住信SBIネット銀行カードローンはパートでも利用できるの?

急な出費に対応しなければならないというのは正社員の人だけではありません。アルバイトやパートなどでもキャッシンを検討することも多くあり、メリットの多い住信SBIネット銀行はパートでも借りることはできるのでしょうか?

ネット専業銀行ならではのメリット♪

住信SBIネット銀行はネット専業銀行です。実店舗を持たず、人件費などもかからないことから定期預金の金利が高い、ATM手数料や振込手数料などが安いなど何かとメリットが多い銀行です。

通常の銀行と同じようにカードローンも提供しており、銀行が直接提供するカードローンとなることから消費者金融や信販会社のように年収の1/3までしか借りることができないなどの制限がかかることはありません。貸付に関する金利は消費者金融などに比べると低くなるのでキャッシングを検討している人の中にはできれば住信SBIネット銀行のような銀行から借り入れをしたいと思っている人もいるでしょう。

では職業がパートの場合は住信SBIネット銀行カードローンを利用することはできるのでしょうか?

 

【パート】と【アルバイト】の違い

パートタイムとアルバイトには実は違いはあるのでしょうか?どちらも同じ短時間労働となるので何が違うのか不思議に思えるのですが。

実はパートとアルバイトに明確な違いはありません。しいて言うならばパートの場合は主婦を指し、アルバイトの場合は学生など本業が別にある人のことを指します

どちらも契約期間の制限があって、会社として決められた労働時間よりも短い時間働く労働者のことを指しています。

 

住信SBIネット銀行のカードローンはパートでも利用できる?

一般的に審査が厳しいと言われる銀行カードローンの中でもさらに厳しいと噂されているのが住信SBIネット銀行カードローンですが、実は安定した収入があればパートでもアルバイトでも利用することができます

ただし短時間労働となるので本人の年収が低ければ利用限度額も低くなる傾向にあります

 

パートでも『おまとめローン』を利用することはできるのか?

住信SBIネット銀行でおまとめローンを利用したい場合には住信SBIネット銀行カードローンであるMR.カードローンのプレミアムコースに申し込みます。金利は年1.89%から7.99%と低金利となっており、最大融資限度額は1000万円となるのでおまとめローンにも十分に対応することができます。

おまとめローンという項目で商品を提供しているわけではなく、あくまでもカードローンを利用しておまとめローンにすることになります。

住信SBIネット銀行の公式ホームページでも他社の借り入れ分の借り換えOKとあるのでおまとめローンとして利用することができるのですが、プレミアムコースの場合は300万円以上の借り入れ希望であれば収入証明が必要になり、この時点でパートの年収となればおまとめローンとして利用することは難しくなるでしょう

 

まとめ

住信SBIネット銀行カードローンはおまとめローンとして利用することができるのですが、パートの場合は年収が低くなることから利用限度額が低くなる可能性があり、おまとめローンの利用は厳しいと考えておいてよいでしょう。

コメントを残す