住信SBIネット銀行カードローンの金利が低いのが魅力!

住信SBIネット銀行カードローンが多くの人に利用してもらうことができる大きな理由が金利の低さです。特にプレミアムコースであれば他銀行と比べても低い金利で利用することができます。

住信SBIネット銀行は住友信託銀行とSBIホールディングが共同出資をして2007年にできたネット専業銀行です。ネット専業銀行ということから店舗を持たずインターネット上に支店があります。一般的にネットバンクは店舗にかかる運営費や人件費がかからないことから利益の一部を定期預金の金利やATM手数料などで還元する仕組みとなっているのですが、もちろん住信SBIネット銀行も同じです。

 

住信ネット銀行カードローンの金利は低い!

カードローンを利用する時に気になるのが金利です。金利が発生することで時には返済が負担に感じることも少なくありません。消費者金融などの場合は18.0%となることも多く、金利負担は大きくなるでしょう

これに比べて銀行が直接提供するカードローンの場合は使い道自由のカードローンでも金利は低くなる傾向にあり非常に使いやすいカードローンと言えるでしょう。そしてそんな中でも低金利を実現しているのが住信SBIネット銀行カードローンです。

住信SBIネット銀行カードローンには2種類のコースがあります。一つはスタンダードコースです。こちらの場合は金利が年8.99%から14.79%と一般的な銀行カードローンと変わらないのですが、もう一つのプレミアムコースであれば金利は年1.89%から7.99%となります。

融資限度額が低くなればなるほど金利は上がる傾向にあるのですが50万円を借りたとしても最高金利は7.99%となるので、やはり低いと言えるでしょう。

他の商品と組み合わせることでさらにお得になる♪

住信SBIネット銀行カードローンの金利は他の商品と組み合わせることによってさらに金利が引き下げられます。
ネット証券となるSBI証券に口座がある場合、住信SBIネット銀行の住宅ローンに残高がある場合には基準の金利よりさらに0.5%金利が引き下げられ、住信SBIネット銀行を引き落とし口座にしている場合にはこれよりさらに0.1%引き下げられるのです。

住信SBIネット銀行カードローンはおまとめローンに向いているのか?

複数社から既に借り入れがある場合にはおまとめローンを検討しているという人もいるのではないでしょうか。おまとめローンを利用することで毎月の返済額や金利負担を軽くすることができ、返済も月一回にまとめることができます。

おまとめローンは総量規制が影響する消費者金融などでは年収の1/3までの借り入れしかできないことから銀行を頼ることになります。そこでおすすめするのが金利が低く、融資限度額が高い住信SBIネット銀行カードローンでのおまとめローンです。

 

まとめ

住信SBIネット銀行カードローンは金利が低いことからおまとめローンにも向いているカードローンで、他社からの借り換えOKとされているのでおまとめローンとして実際に利用している人も多く存在します。

コメントを残す