住信SBIネット銀行カードローンで借りる!

ネット専業銀行の中でも低金利、高額融資と何かとメリットが多いのが住信SBIネット銀行カードローンです。2種類のコースが用意されており、これから借りることを検討している人は是非選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

住信SBIネット銀行は2007年に住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資をして生まれたネット専業銀行です。インターネットがなくてはならない現代では、ネットバンクも欠かせないものとなっています。

インターネット上に支店を持ち、ネットショッピングなどのネット決済はもちろんのこと、住宅ローンや定期預金などにも対応しており、通常に銀行と何ら変わりはありません。また通常の銀行のように店舗を持たないことから店舗運営費や人件費がかからないため、利益の一部を金利や手数料などで利用者に還元することができます

 

住信SBIネット銀行カードローンで借りる!

住信SBIネット銀行はカードローンも提供しています。住信SBIネット銀行が提供するのがMR.カードローンです。銀行が直接提供していることから消費者金融や信販会社のように総量規制の影響を受けないことから年収の1/3までなどの制限はなく、専業主婦への貸付も配偶者に安定した収入があることで行っています。

住信ネット銀行のカードローンにはプレミアムコースとスタンダードコースの2種類があるのですが、プレミアムコースであれば金利は年1.89%から7.99%と低金利となっており、他銀行と比べても低い金利となっています。スタンダードコースは年8.99%から14.79%と一般的な銀行カードローンの金利と変わらないのですが、300万円までの借り入れで収入証明不要となっているので魅力的なカードローンとなります。

住信SBIネット銀行カードローンで【1,000万円】借りる?

住信SBIネット銀行カードローンにはプレミアムコースとスタンダードコースの2種類があり、スタンダードコースは一般的な銀行カードローンですがプレミアムコースの場合は金利が年1.89%から7.99%と低金利となっているのに加えて最高融資額は1000万円となります。

複数社から既に借り入れがある場合には融資額が大きいものとなるので、おまとめローンにも対応することができ、住信SBIネット銀行カードローンのおまとめローンで借りることで毎月の返済による負担を軽くすることも可能になるのではないでしょうか。

住信SBIネット銀行カードローンで借りるには審査が厳しい?

住信SBIネット銀行カードローンは金利が低く、最高融資額が大きいことで魅力的なカードローンとなるのですが、一部では審査が厳しいと言われています

一般的に消費者金融や信販会社などが提供しているキャッシングカードに比べると銀行カードローンは銀行が直接提供していることから審査は厳しいと言われています。そして中でも審査が厳しいのが住信SBIネット銀行カードローンのようです。

勤続年数が最低でも1年以上必要、正規雇用以外は審査が可決されるのは難しいという点が審査が厳しいと思われる理由となるようです。ですがこの点をクリアして過去に金融事故などを起こしていなければ十分に借りることができますし、他社からの借り入れがあっても借り換えを目的におまとめローンとして利用することも問題ないとされているので非常に利便性の高いカードローンとなります。

まとめ

住信SBIネット銀行でこれから借りると検討している人は、自分の雇用形態や勤続年数を確認して申し込みをすることで審査に通る不安を解消することができるのではないでしょうか。

コメントを残す