ネットバンクの主力、住信SBIネット銀行のカードローン

ネットバンクが急速に普及している現代では様々なネットバンクがあります。中でもカードローンで人気となっているのが住信SBIネット銀行カードローンです。どんな特色があるのでしょうか。

住信SBI銀行はネットバンクとして三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資をして2007年に生まれたネット専業の銀行です。銀行としての歴史は浅いのですが顧客満足度調査では3年連続銀行部門1位を獲得するなど評価の高い銀行となっています。

ネット専業の銀行は店舗などを持たず、インターネット上に支店を構えていることから人件費や店舗の運営費がかからないことから定期預金の金利やATM手数料などで利用者に還元することが多く利用する私たちにとっても何かとお得になっています。

通常ネットバンクは通帳を持たずにカードのみで利用をし、取引明細や残高の確認、振込、送金手続きなどは全てインターネット上で行います。ネットショッピングなどでも便利に利用することができるのでインターネットが欠かせない現代人にとっては必要不可欠なものとなっています。そしてこういったネットバンクにも銀行が直接提供するカードローンがあり、もちろん住信SBIネット銀行にも取り扱いのカードローンが存在します。

 

住信SBIネット銀行カードローンって?

住信SBIネット銀行が提供しているのがMR.カードローンです。住信SBIネット銀行が直接提供しているカードローンとなるので消費者金融や信販会社のような総量規制の影響を受けることはありません。また住信SBIネット銀行のカードローンの最も魅力となるのが金利の低さです。

店舗の運営費や人件費などがかからないことから金利面でも利用者に還元していると言っても過言ではなく、住信SBIネット銀行のカードローンにはプレミアムコースとスタンダードコースがあるのですが、プレミアムコースの場合は年1.89%~7.99%、スタンダードコースの場合は年8.99%~14.9%となっています。

スタンダードコースの場合は通常の銀行カードローンと特に変わりはないのですが、プレミアムコースであれば使い道が自由なカードローンでも目的ローンと変わらないぐらいの金利を借り入れをすることができます。住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースであれば他社と比べても金利は圧倒的に低く、大きなメリットとなります。

またネット証券であるSBI証券に口座がある場合、住信SBIネット銀行の住宅ローンに残高がある場合には基準の金利からさらに0.5%引き下げられるのでさらにお得になるので他の商品と組み合わせるなどの工夫をすることができます。

 

住信SBIネット銀行カードローンの限度額

住信SBIネット銀行カードローンにはプレミアムコースとスタンダードコースの2種類があるのですが、プレミアムコースには豊富なメリットがあります。

最高融資額の違い

その代表的なものが最高融資額です。スタンダードコースの場合は限度額は10万円から300万円となっているのですが、プレミアムコースであれば限度額は10万円から最高1000万円となっているのです。

融資限度額が高いことからおまとめローンにも対応することができ、複数から借り入れを行っている場合は金利の低い住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースを選択することで低い金利で借り換えを行うことができ、毎月の返済による負担を軽減することも可能となっています。

乗り換えOK!!

基本的に借金を借金で返済するというのは貸金業者などは不可としているところが多いのですが、住信SBIネット銀行のホームページでは他社からの借り換えOKとあるので他社で借り入れがあり、おまとめローンとして利用したい場合も審査が可決されれば問題なく利用することが可能となっています。

年収の1/3を超える借り入れはできないとされる総量規制の影響を受けることもないのでこういった制限に縛られることなくおまとめローンを利用することが可能です。

 

審査はどうなのか?

住信SBIネット銀行カードローンはプレミアムコースを選択することでおまとめローンにも対応することができるのですが、既に複数社から借り入れがある場合に気になるのが審査ではないでしょうか。

実は住信SBIネット銀行カードローンを利用する上で唯一デメリットと言えるのが審査の厳しさです。銀行カードローンは銀行が直接提供することから消費者金融や信販会社よりもローンに関する審査は厳しいものとなります。そして中でも審査が厳しい傾向にあるのが住信SBIネット銀行カードローンです。

勤続年数が1年未満、正規雇用でない場合などは審査が可決される可能性は低いと言ってよいでしょう。また他社からの借り入れがすでにあってもおまとめローンを利用することはできるのですが、それでも収入に対して借入額が見合わない場合には審査の結果も厳しいものとなります

とは言っても審査に通ることができれば低い金利、高い融資額と何かとメリットは多いので検討してみるのもよいでしょう。

また住信ネット銀行カードローンに比べると消費者金融系のカードローンの方が審査は緩いのも事実です。
プロミス

 

まとめ

住信SBI銀行カードローンはプレミアムコースを選択することで最高融資限度額は1000万円と、おまとめローンにも十分に対応することができるものです。

コメントは受け付けていません。